Category : 未分類
描き方が見たいと言われたのでこっちにもぺたり。
説明ざっくり。そのうち消えます。

お題は虎。

拡大中

0.3mmのシャーペンで下書き。
「一般用+虎耳+not版権」を頭の隅にいろんなこで数パターン描いています。
ペン入れ=PCが決まっていたので下書きの大きさを気にしていません。結果、小さくなりました。

スキャナで取り込み。
設定は、解像度600、写真取り込み、グレースケール。

Photoshopを開きます。
描きたい大きさまで下書きを拡大してペン入れ。
モードをRGBに変更、解像度は変更なし。
ペンの設定は基本、エアブラシ、テクスチャ=パステル、流量・透明度=筆圧、楕円50%、傾き40、14~20pixel。
傾きをくるくる変えつつ描いています。
インクは彩色後に浮かないような色を意識して選択。今回は目の基準色(青系)と(黄色に馴染みやすい?)焦げ茶との中間色(グラデ機能使用)。
パーツごとにレイヤー分けしてペン入れ後、不要な線を削ります。
仕上げに線の調整(太くしたり、細くしたり)をして統合。

しっぽ移動

こんな感じになりました。
まるっこい・やわらかい方面。

調整の際は、(1)影になりそうなところ、(2)視線の中心を意識。
(2)に関して今回は顔なのですが、うまくいっているか疑問です。

影→全体の順で塗

基準色を入れました。
白虎もいいなーとか思いつつ、よい寒色が見つからなかったので黄色いまま。
ペン入れ用を100~300pixelにしてぐりぐり、傾きぐるぐる、楕円率も様々。
ときどきテクスチャ付消しゴムでぼかしたり叩いたり。
レイヤーはパーツ・色ごと、奥にいくほど下位。はみ出しを気にせずに塗って、気が向いたときに選択範囲や消しゴムで消します。
フォルダ作成してまとめたり、使った色をレイヤーにメモしたりいろいろ。
解像度は印刷用なのでそのまま。ウェブ用だと300~400に下げます。

眼と服の影は同じ色です

色見本片手に色を探して塗ります。

頬紅さしたいけど堪える、だって男の子だもん(・▽<)〃☆

同じように他のところも塗ります。
線が浮くので透明度を80に変更。
文字はツール使用後にラスタライズ、回転+ワープ+乗算で馴染ませます。
境界がきついので、透明度50で複製後にぼかし(ガウス)。
使った色はこんな感じ。

パステルイエローオレンジ~パステルイエロー 髪。

白~眼の色、水色も使用 服。

服の色~紫っぽい何か 上着。

焦げ茶~パステルイエロー 虎縞。

虎にみえるかな(’’?

髪レイヤーを服の前に移動、左側の手が薄かったので色を足しました。
文字の存在が薄かったので若干濃い目に変更して完成。


難しいことはしてないはず。
気分でペン設定がや塗り順が変わりますが大体同じです。
では。